ホームページを作るには

ホームページを作ると言っても色々な方法があるのでちょっと紹介します。

  1. DREAMWEAVERなどを使用して1から作りあげる。
  2. ホームページビルダーを使用して作る。
  3. BINDを使用して作る。
  4. ワードプレスを利用する。
  5. アメーバブログなどを利用する。
  6. Joomlaやwix、Adobe muse 、Jimdoなど
  7. カラーミーショップなどを利用する。

などがあります。他にも色々ありますが一般的な物を上げています。

1番のDREAMWEAVER

プロが使うソフトでオリジナルデザインのサイト構築に向いています。完全に制作・管理をプロに任せるという場合・HMTL・CSSを理解している人が選択肢となります。

この画面を見て理解出来る人が対象となります。

bsPAK86_codeing20140517

2番のホームページビルダー

このソフトは使ったことがありませんので詳しく知りませんが、かなり昔からあるホームページ作成ソフトなので使っている方もちょくちょく見かけます。ジャストシステムの商品なので一太郎同様官公庁で使っている所をよくみかけますね。それなりに進化しているかと思いますが決まったテンプレートをちょっとカスタマイズして使用するタイプのようですね。ちょっとかたいデザインが多いかなと思います。

3番目はBIND

デジタルステージが販売しているBINDってソフトです。実は当社のサイトはずっとコレを使っていました。自分の中ではコードを意識せず直感的に作るにはコレが一番楽かなって思って使ってましたが動的サイトに移行するためにやめました。

バージョン8になってレスポンシブルデザインにも対応したので静的サイトで十分という方はお薦めです。

4番目は本命のワードプレス

ブログができるサービスは他にも色々ありますしアメーバブログは使っている人も多いです。芸能人のように個人の紹介程度ならアメブロで十分ですが、ビジネスとブログを絡めるならコレが一番かと思います。その理由を下記に簡単に箇条書きにしておきます。

  1. データ管理が自分でできる(アメブロやjoomla.wixなどは運営会社がサーバー管理するのでデータが自分で管理できない。)ので記事を消されたりすることはない。
  2. プラグイン等が豊富にあるので色々カスタマイズできる。
  3. ブログと固定記事(メニュー記事)の連携がしやすい。(ここが一番肝だと思いますが、ブログを読んだ後、お薦めの商品やサービスページに誘導できる。)
  4. おしゃれなテンプレートも豊富。
  5. ワードプレス自体が無料である。
  6. ネットに繋がったパソコンやスマホがあればどこでも記事を更新できる。

ほかにもwix、Joomla、muse、Jimdoなどあります。

ネットショップをやる場合

ネットショップをやりたい方は、日本製で機能が充実しているカラーミーショップなどがあります。

ただ、集客を考えた場合は楽天やYahooショッピングなどのモールを利用する方がベターです。

基本定期的に更新することを大前提として考えて自分のレベルや自分のやりたいことによってホームページの制作手段を選ぶ事が大切かと思います。

Leave a Replay