A3以上のプリントを数枚ほしいという方へ

A3より大きいサイズの印刷をする場合

一般的な家庭用プリンタはA4サイズ、ビジネス用のコピー機は基本A3サイズが最大サイズになります。それ以上大きなサイズにプリントしたい場合には2種類の方法しかありません。

  1. 大判インクジェットプリンタでプリントする。
  2. 大型オフセット印刷機で印刷する。
  3. 上記ふたつのどちらにしたらいいのかは、プリント枚数によります。数枚だけでいいのか。10枚以上いるのかというところで

当社が使用する大判インクジェットプリンタ

当社が所有する大判インクジェットプリンタは、

EPSON PX-H10000+Falbard Aqua

最大B0サイズのプリントが可能なほか、オフセット印刷の色校正用途としても使えるように色校正ソフトFalbardも導入しています。これにより、ある程度オフセット印刷の色をシミュレーションできますので印刷前に色の確認が可能となります 。

なぜ大判プリントは高いのか?

よくA2サイズで1枚プリントするといくらかかりますか?って質問されます。そこでいくらですというと大体、「えっそんなにするの?」って言われます。

高い理由として以下の3つ上げられます。

  1. インク代が高い
  2. 紙代が高い。
  3. 人件費がかかる。

例えばコンビニのコピー機でA3カラー1枚コピーすると100円です。A2はA3の2倍なので単純計算200円で済むということになります。でも大判プリントになると数千円します。

なんでこんなに費用が違うのかというとまず、大判インクジェットプリンタは家庭用インクジェットプリンタ同様にインク代が高いです。

レーザープリンタやオフセット印刷インクと比べるとざっくりその価格は10倍から100倍くらいになるかもしれません。

さらに紙自体も市販のコピー用紙と比べるとかなり価格差があります。

また、1枚プリントするのに結構時間がかかるのと、プリントアウトしたものをカットするのも手作業のためそれなりの人件費が発生してしまいます。

値段の違いは紙とインク使用量の差

下記に参考価格を掲載していますが、価格の違いは使用する紙とインク量の差になります。

The following two tabs change content below.
岡本 敏成

岡本 敏成

代表取締役平社員株式会社一心舎
昭和48年2月生まれ、勤務先は愛知県碧南市にある印刷会社(株式会社一心舎)。 とにかく何でも自分でやってみないと気が済まない性格でとりあえず色んな物に手を出し、気に入ったもの楽しいことには深入りするタイプです。 エクスマ66期 ニックネームは「ポイズン」。

関連記事一覧