ブログに書く記事、其の一

こんにちはポイズンです。今日はブログに書く記事についてお話しします。

今、お客さんに「ホームページ作るならブログを連携させた方がいいよ」としきりにいっています。自分はわからないことがあると良く「ネット先生」に聞きます。

「ネット先生」に聞くと言ってもgoogleで調べるだけですけど・・・でその検索でだいたいでてくるのが誰か親切な人が書いたブログです。どこかの企業の製品ページやQ&Aページじゃなくてブログの記事がでてきます。それだけgoogleなどの検索エンジンにとってはブログが重要だってことだと思います。

そして、僕が行っていた「エクスマ」っていうマーケティングセミナーでもブログが重要だとさんざん言われてますし実際にブログで成果を出している人がたくさんいます。

例えば、今のホームページにブログ記事が10記事あったとします。そしてその記事に対して1日おおよそ1アクセスくらいだとします。それが100記事になれば10アクセス、1000記事になれば100アクセスという具合の足し算になり比例していくそうです。

そして、さらにFacebookなどのSNSを使うことによりそのアクセス数に掛け算をすることができ、さらにおもしろい記事であったり役にたつ記事でグノシーはたまたYahooJAPANなんかに取り上げられれば飛躍的に増加します。

ってだいぶ前置きが長くなりました。

でも実際にブログを書こうとするときに何を書いたらいいかわからないという方が多いです。そして自分自身それで悩んでいました。

「今日は、特別変わったこともなかったし、面白いネタもないので書く事無いな」って感じです。

「自分にとっては日常でも、他人にとっては非日常」って事が結構あります。そして「自分にとっては当たり前の知識でも他人にとっては新しい情報」ってこともよくあります。

だから自分の日常仕事を紹介するだけも十分情報として成立する。そして扱っている商品・サービス1点1点客観的にプロの目線で紹介するなど身の回りにはたくさんネタがあるんだなって気づくと思います。

そしてもう一つ考えるべき事は誰かを思って記事を書くということ。例えばこの記事は当社にホームページ制作を依頼されてブログが進んでいない方へのメッセージのつもりで書いています。

自分の事でなく誰かに対して手紙を書くように考えると比較的文章は書きやすくなると思います。

今日のポイズン「なんか偉そーな事、書いてるけどそんなにブログやってないよね。でも大切な事だと思う」ポイズンでした。

Leave a Replay