イラストで空間を表現する

地図や施設案内図などは平面で表現されることが多いです。目的は場所を知らせるということなのでシンプルでわかりやすいほうがいいですが、イラストにすることによりその場の雰囲気まで伝えることが可能となります。もちろん平面に比べ制作時間も費用もかかるのでそれをすることによって生まれる効果を検証してみて採用するという形をお勧めします。

施設内の場所をクラフィカルに表現する

エンターテイメント施設の場合は施設そのものの魅力も伝えなくてはいけません。そのためには施設マップは表現の上でとても重要な要素です。この施設は科学館ですが吹き抜けを使用したステージが常備されているのでその空間を表現するために3次元の切り抜きイラストを作成しました。

事業を紹介するイラスト

例えば倉庫業の事業を紹介する場合、うちではこんな倉庫でこんなものを扱っているんですよって写真と文章だけで伝えてもイマイチ魅力が伝わらないかと思います。そんな時に倉庫業全体の流れのイラストを作成することで事業全体の概要まで伝えることができるようになります。

手書きイラストでやさしく表現する

The following two tabs change content below.
岡本 敏成

岡本 敏成

代表取締役平社員株式会社一心舎
昭和48年2月生まれ、勤務先は愛知県碧南市にある印刷会社(株式会社一心舎)。 とにかく何でも自分でやってみないと気が済まない性格でとりあえず色んな物に手を出し、気に入ったもの楽しいことには深入りするタイプです。 エクスマ66期 ニックネームは「ポイズン」。

関連記事一覧